postheadericon 発信方法

男性電話

アウトバウンドとは企業から外の潜在的な顧客に対して、電話などで発信することです。
個人事業主は電話代行業者にアウトバウンドを頼むことで、より多くの営業を増やすことになります。
アウトバウンドは外側に向けての意味で、逆のものとしてインバウンドがあります。

インバウンドとは、顧客からの問い合わせを専門的に請け負うこと、すなわち外側から会社へと向かう方向のことをいいます。
これからはますます、個人で事業を発足される方が増加することは否めません。
あらゆるものを少人数ですべて賄うことは難しいですが、こういった代行業者を利用することは、とても有用です。

postheadericon 個人企業での電話番

女性

個人事業を始める際にネックなのは、電話での問い合わせがトップにくるほど悩むものです。
顧客と打ち合わせ中に、新規のお客様からの電話は新たなビジネスチャンスでもあり、事業の拡大も意味しています。
これを電話代行業者に任せてみるのが得策と言えます。

電話代行は専門の業者との詳細な打ち合わせによって、大きな事業会社と同等の安心感があり、顧客に対して信用を与えるものとなります。
電話でのビジネス方法には、コンタクトセンターの要素があります。
コンタクトセンターとは、最近使われるようになった用語で、すなわちコールセンターのことです。
コンタクトセンターを設置することで、営業部門などから分離して、それぞれ業務に集中できるようになります。
また、電話代行業者にコンタクトセンターを任せることで、人件費削減など、大きなコストの利便性が認められます。
電話代行業者にはアウトバウンドを頼むこともできます。

postheadericon 企業の顧客対応手段

女性インカム

企業がお客様からの問い合わせや注文に、直接電話で対応するために設置しているコールセンターは、最近はコンタクトセンターと呼ばれることが増えています。
電話だけではなく、メールやチャットでの対応業務も増えているので、総合的な名称としてコンタクトセンターという呼び名に変える企業も多いです。
コンタクトセンターは電話代行業者など、外部委託で設置している企業も多いです。
コンタクトセンターには、大規模な設備が必要なので、電話代行業者の設備とノウハウ、対応能力に優れたスタッフを即活用できるので、電話代行業者の利用は、初期費用を抑えるためにも有効な手段です。
コンタクトセンターでは、お客様からの電話を待つだけではなく、営業スタッフをサポートするためにアウトバウンド業務も担当しています。

アウトバウンドでは、客先情報を参考にしながら、相手に需要のありそうなサービスを、タイミングも考慮して案内するなどの営業業務を行います。
企業に訪問のアポが取れたら、営業スタッフと情報を共有して、成果のある営業ができるように支援します。
電話代行業者では、アウトバウンド業務についても、スタッフにスキルを身に着けさせているので、アウトバウンド業務を個別に依頼することもできます。
顧客サービスの充実は、企業への印象アップにもつながるので、コンタクトセンターの役割は更に拡大していくことが予想されており、そのための効率的なシステム整備が行われています。

オススメリンク
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
カテゴリー